防ダニ布団「☆アレルギークリア®☆」は殺虫剤を一切使わない特許製法で製造されています。


※この研究は、24億5,000万円が投じられた研究事業です。

◆ 過去において、特にアトピー性皮膚炎では、ステロイドなど、薬物療法に依存し、難治化が提起され、長期使用した場合の問題点が重視され、本研究事業が行われました。

研究成果は、布団の中わた(詰物)のダニアレルゲンが元凶80%以上と解明された。

※厚生省研究事業の結果、基準値2μg/g dust以下が、症状発症を抑制する閾値
◎ この厚生省アレルギー総合研究事業が、行われた過程において、実際に、医師や研究者などが、ダニアレルギー患者さんの臨床と共に、本技術製品をご使用され、それらにおいて、多くのデータ化がされております。 

2μg/g dust以下をクリアした、山清のダニ・アレルゲン除去寝具『☆アレルギークリア(R)☆』布団は、国内で唯一、調査・研究データ等の手続きによって、『確認書』により、厚生労働省において、認められたものです。
結果データにより、ダニアレルギー症状の発症防止及び、症状の改善に有効と認められ、多くの医師の推薦を頂いております。
又、上記研究成果は、薬物療法に先んじて、寝具が最重要で、次いでお部屋(特に寝室)の徹底した掃除と報告されています。
厚生省研究事業総括班長、宮本昭正先生:日本アレルギー協会理事長/日本臨床アレルギー研究所所長・東京大学名誉教授
※防ダニ布団発明者は、研究協力者の一人です。



厚生労働省担当部局の確認の下、上記データをはじめ、厚生省長期慢性疾患総合研究事業 アレルギー総合研究の【報告書】、関連する膨大な資料・データは、防ダニ布団発明者(厚生省研究・住宅班)の元にも、厳格に管理・保管されております。

国の研究事業において、厚生労働省、中小企業庁、国民生活センター、東京都などの高い評価をいただいた、 正に、安全・安心で国内唯一のダニアレルギー対策寝具『☆アレルギークリア(R)☆』 特許防ダニ布団。


重要 平成27年12月25日、アレルギー疾患対策基本法が施行されました。
今後、関わる行政機関において、『確認書』も、科学的根拠も無い偽防ダニ布団・防ダニカバー等の徹底した規制の要望が出されます。ご注意ください。

6月(梅雨)〜10月(台風シーズン)はダニの繁殖期!

これからかあさん

特別企画が用意されています。アレルギークリアの特徴をご覧ください。 
小学がおるごかあさん
重要 『☆アレルギークリア(R)☆』ご購入後、医療費控除の申請をしてみてください。
特許製品『☆アレルギークリア(R)☆』特殊防ダニ布団は、厚生労働省、東京都が協議の下、医療用・医科向けとしても認められ、既に、一部の自治体においては、医療費控除が認められている、事例があります。平成23年4月26日厚生労働省『確認書』が前提です。
(厚生省研究事業及び、平成22年6月、厚生労働省担当部署の判断とご指導の下に、記載しております。)詳細は、必ず、ご相談ください。 全国ダニアレルギー相談室0120-879-007
>>防ダニ布団の医療費控除について詳しくはこちら 防ダニ布団
新着情報
2018年06月21日
7月5日(木曜日)まで、配送料は山清が負担いたします。
北海道・沖縄・離島へのお届けの場合は、別途いただきます。ご了承ください。
以前よりお知らせしております、原材料の高騰等の諸事情により、近い将来、値上げを予定しております。ご了承ください。
2017年12月22日
当社技術製品『☆アレルギークリア☆』寝具が、ヤマダモールでもご購入できるようになりました。
>>詳しくは、こちらをご覧ください。
2017年11月07日
発明者ブログを更新しました。
>>詳しくはこちらをご覧ください。
「日刊ゲンダイヘルスケア+ アトピー性皮膚炎なら失明につながる目の病気に要注意」
2017年05月01日
山清環境アレルギー研究所、本社のある、東京練馬区では、母子手帳と一緒に、ねりま子育て応援ハンドブックを配布されております。
その中で、厳しい審査の下、薬事法・景品表示法の表現・表記を含む、当社防ダニ布団『☆アレルギークリア☆』寝具を記事広告として掲載していただきました。
>>掲載内容はこちら
 「練馬区「ねりま子育て応援ハンドブック【平成29年度版】」 
2017年04月03日
第50回日本小児呼吸器学会へ、防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』を医療機器展示をいたします。
詳しくは、こちらをご覧ください。
2017年03月28日
平素より山清環境アレルギー研究所をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。
さて、当社サイトを装った偽サイトが多数報告されています。
お客様におかれましては、細心の注意を払われますよう宜しくお願い申し上げます。
詳しくは、こちら。 
2017年01月01日
昨年のお引き立てに感謝しつつ、本年も宜しくお願い申し上げます。
又、災害が起こらない年でありますように願っております。
2016年12月01日
よくあるご質問・ご相談を更新いたしました。
2016年10月20日
発明者ブログを更新しました。 「日本経済新聞平成28年10月19日夕刊『アレルギー対策案に不満』」

【お知らせ】
平成30年6月25日掲載「日本教育新聞社」校了記事
学校の先生方や医療従事者の先生方へお願い

お子様のアトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎、お悩みではありませんか?
多くのご相談者の
このような声が共通しています。

未だに、ダニアレルギー対策として不十分な布団の掃除機掛け、洗濯(丸洗い)などが報道されておりますが、これらは、平成2年頃、厚生省研究事業の以前、及び初期の結果が表面化し、何らダニアレルギー対策の解決になっておりません。

ダニアレルギーは、布団の中わたに80%以上の原因があります。

羽毛・羊毛・絹などの動物性繊維

【要注意】たんぱく質なので、ダニのエサになるので避けること。
特に、梅雨時などニオイが出やすく、ぜんそくなどの過敏な症状の場合、発作を起こしやすいことが、報告されています。寝ている間に症状悪化を招く恐れがあります。
(旧厚生省研究事業データより)


ポリエステル、ナイロン(合繊)などの化学繊維

【要注意】汗の吸収が悪く静電気でハウスダストを寄せ付けてしまうので避けること。寝ている間に、症状が出ることもあります。
(旧厚生省研究事業データより)

中には、アトピー性皮膚炎でステロイドを使用された方の声、一例…
  • ステロイド薬で、改善したと喜んだのもつかの間、悪化の繰り返し、かゆみと痛みで眠れない。
  • 医師は、ステロイドの塗り方が少ないからとか、ステロイドの使用を勝手に止めたからとか、患者の使い方が正しくないからだとか…
  • ステロイドの長期使用で、象皮のように…、ケロイド状も残っている…、膿も出ている…、顔が赤くなって腫れあがってしまっている…、白い粉がふいてしまっている…
  • ステロイドの長期使用で娘が失明してしまった。娘に申し訳なく思っている…
などなど、全国からの患者さんやそのご家族から相談室には、悲痛な声が聞かれます。

不適切な治療で重症化
科学的根拠の無い情報に振り回されないことがなにより重要です。



人は、一日約8時間の睡眠時間をとる必要があるとされています。厚生省研究事業に関った研究者(発明者は、研究協力者であり、同研究事業では、住宅班、又、健康住宅研究会会員です)や医師が説いていることは、アトピー性皮膚炎・気管支喘息・アレルギー性鼻炎などの主な発症原因は、80%以上がダニアレルゲン:ダニのフン・死がい・脱皮ガラ・その粉末と判明しております。 (特に、小児気管支ぜん息の場合、90%以上)
気管支喘息の場合、一度発症してしまいますと、2度目の発症を抑えるためには、現状の2倍以上、部屋の空気をきれいにする必要があります。
その意味でも、薬物療法に変わる、原因除去療法が重要です。
ここで、最も重要なことは、原因が何かを特定されることです。
病院で、※パッチテストなど医師とご相談いただくことが必要です。
パッチテスト(patchtest)とは、アレルギー性疾患の原因物質を調べる検査。
原因と推定される物質を体皮に貼って反応を調べる。
(1型〜4型に判定される。)


平成4年〜8年以降の研究事業のデータ・成果が集大成として当社ホームページに記載されており、現在に至っても、一番正しいダニアレルギー対策となっております。
ダニアレルギー&食物アレルギーについて、厚生省研究事業のデータに基づき、防ダニ布団発明者、清水静をはじめ、 専門知識を得たプロの相談員が、最も正しいお答え
をいたします。
お気軽に(メールやお電話にて)ご相談ください。また、出来る限り、相談室(無料)の電話相談を受けてください。最も早い改善への近道です。
相談室はアレルギー症状が改善するまで、アドバイスいたします。

※これらの情報を無断で引用や転載をしている会社がたくさんあります。ご注意ください。



特に、寝室のフローリング・書棚・電気の傘の上、ベットの下など、ダニアレルゲン(ハウスダスト)が溜まりやすいため、モップや硬く絞ったぞうきんなどでふき取り、ダニアレルゲン(ハウスダスト)が舞い上がらないように、拭き取り、 徹底した、除去・回避を行なってください。
合わせて、たたみ・じゅうたんなどは、掃除機掛けをしっかり行なってください。
※その場合、掃除機から排出される、ハウスダストなどが、室内に飛散しないよう、窓を開けるなどの換気を行なうことが必要です。
お子様のアレルギー症状が
改善しない原因は食物よりも
住環境(ダニなどを含むハウスダスト)
影響しており、症状の改善には
住環境を整える必要がある
と 報告されています。
以下のグラフは、小児アレルギー疾患の
アレルゲン陽性率を表したものです。
厚生省長期慢性疾患総合研究事業 アレルギー総合研究 
アレルギー総合研究から日本アレルギー学会専門医
京都府・島津医院院長 島津恒敏医師(小児科・アレルギー科) 資料提供
毎日使う布団。これがダニの温床になりやすい事はご存知だと思います。このようにして、まず第一に、環境改善が整った上で、寝室の空気をキレイにすることが重要なため、国の研究事業で、データ化され、高い評価を得た、当社発明の防ダニ布団『☆アレルギークリア☆』寝具の使用で、高い改善(改善率90%以上)を示しています。そのため、多くのお医者様のご家庭でもご使用いただいております。
防ダニ布団
ダニ避けの殺虫剤や忌避剤などもありますが、体への影響が気になりますね。まして小さなお子様や赤ちゃんではさらに心配です。 その上、ダニもダニアレルゲンも症状の改善を目指すほど取り除けない多くのデータが報告されています。
布団のお洗濯は大変です。なかなか家庭では洗えませんし、丸洗いクリーニングに出すと1回数千円かかることも…。シーズン毎にクリーニングに出していたら維持費もかかるし、生地の痛みも心配です。 洗っても取り除くことは難しく、空中アレルゲンとも言いますが、それらを吸入、皮膚摂取して発症します。
毎日布団に掃除機をかけるのも大変な労力と時間がかかります。さらに掃除機の排気で逆にアレルゲンが飛び散ってしまっては元も子もありません。

防ダニ布団のアレルギークリアは特許製法により布団の中からダニも(ハウスダスト)アレルゲンも完全除去されています。
殺虫剤不使用、お手入れも簡単で洗濯や掃除機がけも不要です。
患者さん、使用者の90%以上の方に効果が実証され、報告されています。
厚生労働省のアレルギーに関する研究事業に検体として使用、データが出されました。
国内の指定工場にて薬品を一切使わず、安全性を第一に防ダニ布団を生産しています。
赤ちゃんが生まれる前から、お部屋(特に寝室)の徹底した掃除と、この『☆アレルギークリア(R)』寝具をご使用いただくことによって、10年後でも発症しないというデータがあり、報告されています。



本「確認書」は、科学的データの評価を行なったものではなく、当社ホームページ記載情報に対し、薬事法・景品表示法上において、広告の違反性がないかの判断を実施されたものです。
薬事法・景品表示法上の違反性について
当社ホームページは、その違反性がないことが確認されました。

「予防」「治療」「改善」「改善率90%以上」「アレルギー対策」「アトピー性皮膚炎」「喘息」「アレルギー性鼻炎」「防ダニ布団」「防ダニ寝具」「医療用寝具」「医科向け」等の表現・表記が、「確認書」によって認められております。  



症状改善に重要な『確認書』 
下記「確認書」は、重要で厚生労働省により、 
(症状の改善効果)有効性が、唯一、認められたものです。 


国内で只1社、厚生労働省『確認書』によって、安心して、改善効果のある防ダニ布団『☆アレルギークリア(R)☆』をご使用ください。


この確認書は、上記記載の担当者やその前任者等の10年に及ぶ協議と手続きの下、関わる担当部署の情報共有において、作成、唯一、医療機器の承認番号に代わるものとして、認められたものです。 
一般の方々が電話等で各部署に『確認書』についておたずねされた場合、個別の件として、又、二重盲検法でもあったため、お答えいただけないことがありますので、予めご理解ください。

必須
一方、「確認書」の無い「防ダニ布団」などと称したものは、最も基本となる、防ダニ効果、更には、症状改善効果が認められておりません。
厚生労働省『確認書』の無い、防ダニ布団と称したものは、科学的根拠も無く、効果も無い普通の布団です。
防ダニ布団をお探しの方、ニセものが多くて迷っていませんか?

ご注意ください。 ご注意ください。

当社ホームページ内容と同様の薬事法・景品表示法上の表現・表記が、他社においてあった場合は、東京都福祉保健局薬務課 03-5320-4512 及び、各都道府県の薬務課まで、又は、東京都生活文化局消費生活部取引指導課 03-5388-3066 及び、各、都道府県消費者センターまで、情報提供をお願いいたします。当社に、消費者からのお問い合わせ、苦情が多いため。

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ログイン

カゴの中身

  • カートの中身は空です。

店長エリア

清水 靜

清水 靜

東京都をはじめ多くの研究機関から『ほんもの』だと認定されています。 医療研究機関などと一緒に研究開発をさせていただいたり、共同研究者として参画させていただいていることが山清の誇りです。

店長日記はこちら

QRコード

お支払い方法
  • クレジットカード
    ご利用いただけるクレジットカード
    クレジットカード
  • 郵便振替
  • 銀行振込
お支払いについての詳細はこちら
送料・配送について
  • ■ 送料について
  • 配送料は、山清負担(0円)です。
    北海道・沖縄・離島の送料は別途料金をいただきます。ご了承ください。
  • ■ 発送について
  • 全製品 受注生産となります。
    ご入金確認させていただきましてから、2週間前後、お届けにお時間をいただきます。(現在、大変込み合っております)
送料・配送についての詳細はこちら
返品について

『☆アレルギークリア☆』は、特殊生地(0.05mm)を使用しており、針穴ひとつを重視して、一点一点品質を確かめながら生産しております。
そのため、決済後の返品、サイズ・色柄変更はご遠慮くださるようお願いいたします。
万一不良品等がございましたら、当社の責任において、確認のうえ、新品、または同等品と交換させていただきます。
商品到着後7日以内にメールまたは電話でご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
  • ■ お問い合わせの際はこちらまでご連絡下さい
  • Tell : 0120-879-007
  • Fax : 03-3577-3488
  • Mail : info@eco-yamasei.co.jp